日本文化大学の専門教育とは?


日本文化大学では、2年次から専門教育が始まります。
より専門的な学びが始まり、自分の適性が見えてくるのです。
日本文化大学の専門教育は1年次で学んだことを
より専門的に深めていきます。
同時に2年次は就職と言う未来を見据え、
一人ひとりの目標を定める時期でもあります。
一般企業や公務員、警察官などの職業についても
様々な知識や多様な能力が必要です。
2年次から始まる専門教育は、幅広い学びから自分自身の適正を見つけ、
社会人として活躍できる力を養っていきます。

日本文化大学の2年次から始まる専門教育の特長は、コース制に移行することです。
経営コース、公共コース、法心理コースの
3つのコースから志望の進路に合わせてコースを選択します。
夢の実現のために、必要な分野をこのコースによって深く学べます。

経営コースでは、企業社会で活躍できる人材を育てています。
一般企業への就職や自営業、経営者、起業家を目指す学生を対象としたコースです。
ビジネスの現場で必要な法律知識を身に付けると共に、
マネジメントや判断力を養成します。
これからの時代に求められる経営者や
プロジェクトリーダーの育成を日本文化大学の経営コースで行います。

公共コースでは、行政や司法の場で求められる資質や専門知識を養います。
国家公務員や地方公務員を希望とする学生を対象とするコースです。
国民全般や地域住民、訴訟関係者など多くの人と関わるための教養や人間性も養います。
日本文化大学の公共コースでは、
法科大学院への進学希望者や各種国家試験に
チャレンジしようとしている学生も対象となっています。

法心理コースでは人間関係から社会を読み解きます。
警察官を志望する学生に向いた法心理コースのテーマは、人間理解と人間関係の構築です。
講義では心理学や精神医学、社会学など多方面から心にアプローチし、
人への理解を深めて人間同士が分かり合えるかを考えます。

日本文化大学の3つのコースの専門教育により、
将来を見据えて社会人として活躍できる力を養っていきます。